2009年10月21日

ゲームプレイ感想(レビュー):ニンテンドーDS<テイルズオブハーツ>

てことで今回はゲームプレイ感想。
NDSソフト<テイルズオブハーツ>です。

テイルズ オブ ハーツ アニメムービーエディション(特典無し)
テイルズ オブ ハーツ アニメムービーエディション(特典無し)

テイルズ オブ ハーツ CGムービーエディション(特典無し)
やはりというかCGVer安いなぁ…w

テイルズDSシリーズ3作目
テンペスト・イノセンスと大幅な進化を遂げたDSのテイルズシリーズは2Dという新たな(?)進化を遂げて帰ってきた!!
ま、テイルズにおいては2Dで不安になるという事はないですね。
元は2Dスタイルのゲームでしたから。

前作のイノセンスではDSで3Dゲームがここまで出来るのかって驚きましたが、今回も驚きの連続。
ストーリーは長いし、ボイスも多いし、アニメーションも豊富。
他のゲームもこれぐらい気合入れてくれよって思いましたw


クリアタイムが約40時間で、これだけ長くやったDSのRPGは始めてかも。
ストーリーに関しては、テイルズらしい王道な感じ。
人によってはちょっと長すぎって感じるかもなぁ。
個人的にはちょうど良くて、涙あり笑いありで面白かったです。


キャラもテイルズらしくて個性的。
ストーリーに合わせて格キャラを操作する機会があるのは嬉しい。
主人公がいなくて戦闘する機会も多かったですし、戦闘に出るキャラが固定されない感じで良い。
ただ、主人公ヒロイン辺りがちょっとクセのあるキャラかも…。
少年誌的なキャラなんですけど、ちょっと苦笑しながらツッコんでしまう様な所が少々…。
まぁ、ストーリーも王道ですしその辺笑い飛ばしていけると思います。


戦闘は2Dなのに、迫力がある!
MPという概念が無くて、色々な行動をするにおいて、スタミナのようなゲージを消費します。
なので、そのゲージがある限り技を繰り出せるので、多くのコンボが繋げられる。
自動で回復もしますし、ゲージ切れで困るって事は無いです。
でも、逆にごり押しは出来ない感じ。
敵がこっちのスキを狙って攻撃してくるので、ごり押しばっかしてると敵に囲まれてフルボッコ…w
雑魚敵でも、しっかりと戦い方を考えて戦闘する必要があったりと一つ一つの戦闘の存在が大きくなり面白味があります。
ただ、ボスキャラの場合は基本一人なのでそれ程大変じゃなかったり…。
ちょっとその辺のバランスが悪かったように感じます。

意外と役立ったのが、タッチパネルに技などを登録する事によって、戦闘に参加していないキャラを支援という形で戦闘に参加させられる機能。
過去作品のキャラを登録できたりして、なかなか面白いです。

残念なのが、味方AIのアホさ…。
今考えると味方が戦闘において大いに役立ったことって少ないかも…。
まぁ、操作キャラに夢中になって仲間の事なんて忘れてて不便に感じること少なかったですけど、思い出してみると一人でガンガン攻めててちょっと寂しい戦闘だったなぁ。


ソーマという成長システムが斬新で面白かったです。
武器が固定で、それを戦闘などで集めた素材を使って成長させていきます。
なので、装備はアクセサリーだけです。
まぁ、装備変えても見た目に反映されないのだったら武器の必要性も無いですしね。

素材を使って格ステータスを上昇させるのですが、単なるレベルアップによる成長よりこっちの方が成長の実感が沸いて楽しいです。
そういう意味では素材集めが楽しい。
一定まで成長させると武器を進化させられるのですが、進化させる武器に選択肢があり個性的な成長が出来ます。
個人的には武器を変えて成長させるより、こっちの方が面白かったですね。


料理がなくなったのが寂しいけど、その代わりに治癒石という戦闘中に色々なステータスを回復したりしてくれるシステムが役立ちました。
どういうタイミングで回復させるかなど細かい設定が出来て、自分好みにカスタマイズできるで、戦闘の幅が広がってよかったです。

後細かいところでは、ソーサラーリングが多種多様になり、ダンジョンの謎解きが多くなって良かったり、難易度選択も出来たり、グラフィックもがんばっててなんだか温かみのある感じが出てて良かったです。


残念なのが、スピルメイズ。
人の心の中に出来たダンジョン(迷路)をクリアしていくのですが、シビアすぎて色々とバランス崩壊してます。
その辺しっかりと練ればかなりいいものが出来ると思うんですけどねぇ。
凄く面白いものを感じたので、それだけに残念です…。


全体的にはとても楽しめた作品です。
色々と新鮮な部分が多くて、これだけ長くプレイしても飽きが来ませんでした。
DSのテイルズが確実に進化して行ってるのは感じましたね。
売り上げも上昇して行ってるようなので、これを機にDSのテイルズは2Dで製作していってもらいたいです!

テイルズオブハーツオススメと思う方はクリック!!
(FC2ブログランキング)


posted by TAKA at 00:50| Comment(0) | 家庭用&携帯ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

10月3週目にネットで話題になったことBEST10

PS2やドリキャスのゲームをPSNで配信?セガの内部資料からソニーの計画がリーク - Game*Spark
互換機能搭載じゃなくて。PS2のソフトをPSNで配信になるのかもって話ですかね…?これが実現すれば凄い事だと思いますが、容量的に配信って凄い大変そう…。続報を待ちましょう。


てことで今回は、ほぼ日曜恒例ネットで話題になったことBEST10です。
(BEST10って言っても多舞露が勝手に決めてます。ご了承を…)

1位
Dyson、“羽根がないのに風が出る”扇風機を発表

凄いんだろうけど…いまいち実感がわかない。実物を見てみたいなぁ

2位
映画「仏陀再誕」 チラシ・設定資料集・DVDを配って、捨てられまくり

宗教関係の映画もこうやって本格的にやっていくもんなんですね

3位
本当にHome Premiumで十分かどうかを再考しよう

この辺の詳しい違いをそろそろ調べておかないとなぁ

4位
ストリートファイターのトリビア書いてけ

裏設定とかは面白いですね。あまり耳にしないので

5位
萌える日本刀大全 「なんかすげー本でた!w」

ヘッドフォンのやつ見た事ありますが、商品について詳細にかかれてたので日本刀好きにはちょっと読んでみたい。…萌えはいらないけど(ぇ

6位
「新聞は必要」91%…読売世論調査

紙媒体としての新聞が今後必要になってくるかと思うとそうでもない気がする…

7位
アキバの未来 秋葉原の歴史がまた1ページ

秋葉原もまた少しづつ変わってきているのですね。個人的にAOKIのビルが好きだ…w

8位
パソコン初心者は、主語のない難解な文章で質問してくるからイラつく

でも、初心者がこんな状況になったら説明のしようが無いよなぁw

9位
お→っ→ぱ→い→見→せ→て 完成で16♀がおっぱいうpするわ

ホント、何やってんだw

10位
1999〜2004年くらいのインターネットの雰囲気(動画有)

懐かしいなぁ。この頃は全体的に妙なアングラさがあった気がする


懐かしいと思う方はクリック!!
(FC2ブログランキング)


posted by TAKA at 01:59| Comment(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月13日

ゲームプレイ感想(レビュー):ニンテンドーDS<テイルズオブイノセンス>

テイルズオブハーツをクリアしたので、その感想の前に一作品前のイノセンスの感想を書こうと思います。
プレイしたの結構前なので記憶が曖昧ですが…

てことで今回はゲームプレイ感想。
NDSソフト<テイルズオブイノセンス>です。

テイルズ オブ イノセンス(特典無し)
テイルズ オブ イノセンス(特典無し)


DSで二作目のテイルズシリーズ
前作のテンペストは作り込みの粗さからテイルズシリーズ一の駄作扱い。
製作側もそれを踏まえてのDS二作目ですので、気合の入れようが違います。
製作発表会とかのその辺のアピールは凄かったですからね。テンペストとは違いますって感じがw


テイルズといえばまずは戦闘システム。
3Dのフリーランバトルで、今までシリーズで作り上げてきたシステムがここに集まっています。
DSで3Dと言う不安はあったのですが、それを感じさせない迫力が戦闘にはあり、多くのコンボを繋げる事ができるので爽快感は抜群。
技も多用だし、戦闘に関しては文句ありませんね。

後半になってくると敵がなかなか倒せないのですが、その分雑魚敵で多くのコンボを繋げられて良い。
ただ、その雑魚的が大量に沸いて出てきますので、いくらコンボを楽しめても敵の多さにうんざり…
せっかくシンボルエンカウントにしてるのに、戦闘を避けられないほど沸いて出てくると何の意味も無いですよ
その為のオートプレイかなぁ…って思ったりもしますけど。


成長システムはなかなか面白くて、戦闘タイプや支援タイプなどと選んでキャラを成長させる事ができます。
大剣を使って戦闘するキャラでも、支援タイプで育てる事ができたり、かなり個性的なキャラ育成が出来ます。
この辺は結構悩んだりしたのですが、そうやって悩んでキャラを成長させるのも楽しみの一つですね。


ストーリーに関しては、可も無く不可も無く…。
現代に生きるキャラたちが、前世の自分を記憶していて、その前世の出来事を巡って物語が進んでいきます。
なかなか難しいです。と言うか、説明不足のところがあるのかなぁと。
単調というか、素材は凄くいいのに練り込みが足りない感じが…。

後、全てが前世ありきなので話の主体が前世のキャラ達なんですよね。
なので現代の主人公達の魅力が半減してる気がします。
まぁ、そもそも個性的なキャラばかりなので十分魅力は感じるのですけど。
それだけに多くのキャラが出てきますので、このキャラクターの豊富さは楽しいです。


で、このゲームで一番の苦痛はダンジョン。
同じ場面の繰り返し。しかも広い。故に迷う…。しかも敵多い…。それを乗り越えてダンジョン最深部まで行きイベントが終わると、また入り口まで戻るのに同じことを繰り返す…。
何度挫折しかけたか…w
正直RPGでダンジョンが苦痛って致命的ですよ。
これによってこのゲームの評価をかなり下げてると思います。
それでも、ストーリーが凄く魅力的だったら何とかクリアしようって気にもなりますが…上記のような状態。
後、ダンジョンの仕掛けや謎解きが面白かったりすれば苦にもならないのですが、そういうのもほとんど無いので…。

それと似た感じでクエストがあるのですが、単調すぎてチャレンジできませんでした…。
クエストって単調なもんなのかもしれませんが、これは特にヒドイ気がします。


そういう短所もあるのですが、最終的にはクリアできましたし楽しめました。
やっぱり戦闘が面白いってのは良いですね。
後キャラが個性あって魅力的なのも。
短所の部分がそれらでなんとか楽しさを補えてると思います。

とりあえずテイルズファンにはオススメですね。
少し初心者に優しくない部分もあるので、初テイルズの人にはなかなか進められないかもしれません…。


テイルズオブイノセンスオススメ!と思う方はクリック!!
(FC2ブログランキング)


posted by TAKA at 02:09| Comment(0) | 家庭用&携帯ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月11日

10月2週目にネットで話題になったことBEST10

土星に巨大な輪を発見 NASAの宇宙望遠鏡 - MSN産経ニュース
何だかよくわからないけど、凄いってのは感じるwなんだか根本的に否定されてる感じが

てことで今回は、ほぼ日曜恒例ネットで話題になったことBEST10です。
(BEST10って言っても多舞露が勝手に決めてます。ご了承を…)

1位
『涼宮ハルヒの消失』2010年春に劇場版キタ――(゚∀゚)――!!

関連:ハルヒファン待望の「涼宮ハルヒの消失」は映画に、2010年春に劇場公開予定 - GIGAZINE消失がどういう内容か知りませんが、新作はツボったので期待

2位
人気声優 小清水亜美さんが怪しい商売に利用されている説が浮上

これは許してやれよ…wしかし、どうなるんでしょうかこれは・・・?

3位
Winny開発者に逆転無罪…大阪高裁

とりあえずこの話題は一段落ですかね

4位
高度で競う「エクストリーム・ラブプラス」勃発

これは確かにスポーツだ。生半可な覚悟じゃ出来ない…w

5位
結婚してる声優一覧

この辺は良く知らないので「へー」が多い

6位
ドコモが何か勘違いをはじめる…「充電…充電してぇ…ご主人さまぁ」

まぁ、こうやって話題になってるからアル意味成功かも

7位
吉野家、牛丼が売れずに赤字転落へ

吉野家のイメージが変化しつつあるのかなぁ

8位
『咲-Saki-』『鋼の錬金術師』の田口浩司プロデューサーが語る、儲かるアニメの作り方

漫画やアニメの裏話が聞けて面白い。何故ガンガンがあんなに厚い殺人兵器になったのかについても…w

9位
こんな部屋に住んで・・・みたくはない

いくら好きでもこれは辛そうだ…

10位
プリンのカラメルはなぜ下にあるのか

比重の関係はあるだろうなとは思っていましたが、プリンを先に入れるとは知らなかった

プリンは奥が深いと思う方はクリック!!
(FC2ブログランキング)


posted by TAKA at 02:12| Comment(0) | ネット関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。