2007年12月11日

トレーディングカードゲームのギャンブル性

『ポケットモンスター』を所持していると逮捕される国

こうやって宗教視点から見ると逆に面白いですよね。
(別に不謹慎的な意味ではなくて…。)
言ってることが妙に納得してしまうというか、ゲームだからとかそんなんで片付けられない説得力がある。

それでちょっと気になったのが、
(2)カード自体にギャンブル性があり、子どもたちに賭博行為を教えるものである。
です。

恐らく、教える可能性があるという意味で禁止しているのだと思います。
ただ、経験上これは高確率であると思いますね。
と言うかありました。

遊戯王のカードゲームが発売されてさらに多くの子供がカードゲームに夢中になりました。
当時なんかは遊戯王カード専門店とか近所にありましたし、カードゲームを買い取る店が多かったです。

その影響から、元々対戦するだけの単なる紙切れが、物によっては価値のあるものだと教えられた気がします。
レアカードが当たったりすると、一つの自慢として、ステータスとしての存在でしかなかったはずが、何時からか金になると言う発想に変化していました。

気付けばカードを賭けて対戦するようになったり、お互い金を使ったカードトレードを行っていた人もいました。
けど、そこから学んだこともあったりします。
等価交換なんてまさにそうですね。
小中学生をターゲットとしていただけありその層はとても多く、等価交換なんてなかなか経験の無い事だったと思います。
そういう意味では、一つの学習の場だったのですね。


近所では、最近は遊戯王カードは自分で選べなくなっています。
十中八九レアカード対策かと。(万引きもありますか…)
レアカードを当てる選別方法なんてのがあったりして、それによって残ったカードはレアが無くなりなかなか売れなくなるという負の連鎖。
最初の頃は普通に選んで変えたのですけどねぇ。
気付けばそれも変わっていきました。

まぁ、この考えはほとんど主観だったりします。
選別方法なんて出来る人なかなかいないのですかね…?
自分が出来る存在だっただけに、普通のことだと思っていたのですが…。
すみません。一応謝っておきます。

それで、レアカードを高値で買い取ってくれる店に行き小遣いを稼ぐ…。
我ながら黒い中学生だったなぁ…。


今は一つの世界として確立し、安定しているので目立った特別なことって無いのですかね?
ただ、カードゲームをやることで新しい何かを学ぶということは確かでしょう。
それが良い事か悪いことかは別として…。
というか、その判断が出来るようになる一つの場だったりしますよ。


そういえば、未だにカードゲームの数々が捨てられずに眠っていたりします。
ちょっと引っ張り出してみようかなぁ。

カードゲームハマった方はクリック!!
(FC2ブログランキング)
posted by TAKA at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。