2007年09月11日

<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序>と<HERO>の興行収入を無謀にも比較してみる。ところが・・・!?

小説ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編 上・下を買いました。そもそも、Fate/ZEROでさえ全く読んでいないのに買ってしまうという・・・・。しかも、このひぐらしは毎月刊行されて全7巻と言うではないですか。このペースで行ったら全部読むのに7年かかりそうです。読んでない漫画だって50冊近くあるのに・・・・。アホだ俺orz

てことで今回は<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序>と<HERO>の興収を比較してみようと思います。

9月8日ついに公開された映画<HERO>
ドラマ視聴率では毎回30%越えという歴史的快挙を記録した作品。
それが映画化となれば注目せずにはいられません。

そして、その1週間前に公開された映画<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序>
この作品もいろんな意味で多くの伝説を残し、社会現象にもなり、後世に多大な影響を与えた作品。
新劇場版とし、フルリメイクで公開されました。
わずか84館という上映館数でありながら

動員:約24万人 興収:約2億8000万円
初登場順位:1位

と上映館数100以下でランキング1位を取り歴史的記録となりました。

そういう意味では、アニメ映画として頂点に立った<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序>
そして、ドラマとして頂点に立つ<HERO>

ならば、頂点に立つこの二つの映画を比較しようではないですか!!

まぁ、普通に考えれば無謀ではあります。
ちなみに<HERO>の興収は約10億900万円という記録的数字
(踊る2にはとどかないにしてもこれは凄い・・・。)

これで興収を比較しても天と地の差。
しかし、比較の仕方では<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序>が<HERO>を超える可能性もあるのです!

それは、1スクリーン(1上映館数)辺りの興収。
といのも、過去にこんな事があるからです。
映画デスノートThe Last name興行収入比較!ダヴィンチコード・M:i3・パイレーツを超えた!?

ならばやってみましょう。
<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序>と<HERO>1スクリーン(1上映館数)辺りの興収比較を!


まずは、<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序>から
全体的な記録は

動員:約24万人 興収:約2億8000万円
公開スクリーン(上映館数)84
初登場順位:1位

そして、1スクリーン辺りの興収は・・・

約334万円


次は<HERO>

動員:74万9800人 興収:10億900万
公開スクリーン(上映館数)475scr
(ちなみにこの上映館数は過去最高)
初登場順位:1位

1スクリーン辺りの興収は・・・

約213万円


こ、これは・・・
<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序>が100万以上の差をつけて勝利!!

すごいですよ・・・まさかです。
ということは映画館によっては、HEROよりヱヴァの方が儲かってるという事になるのでは・・・!?
(細かいことを考えれば軽率ですが・・・)

エヴァオタがヱヴァ大絶賛と言われてたりしますが、これだけの記録を出せたのも単なるオタの力ではないと思います。


2週目のヱヴァは2位
上映館数が少し増えた所を考えても2位は凄いです。
最終的な記録がどうなるか、本当に楽しみですね。

<関連>
<ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序>感想&劇場版Zガンダムと興行収比較

やはりヱヴァ凄いと思う方はクリック!
(FC2ブログランキング)
posted by TAKA at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。