2007年07月10日

漫画読破感想(レビュー):君と僕。

アニメ絶望先生を見て、何かと似てると思ったらぱにぽにでした。製作が同じだったのですね。そして、マニアックな事を言えば先生と生徒が犬神と一条だったりするのです。


てことで今回は漫画読破感想<君と僕。>です。


君と僕。 1 (1)
<双子の兄弟、悠太と祐希と、その幼なじみの春、要。高校2年の4人が送る、シニカルでダルダルで、ゆるーい感じの日常。熱血なんてないけれど、ちょっぴり心温まる青春ストーリー>

これまたまさに青春といった感じ。
君に届けも、まさに青春でしたが、これはまた違った青春です。
マッタリと時が流れ、マッタリと青春していく。
ギャグも適度に入り笑わせてくれて、ちょっぴり切なかったり、ちょっぴり泣けたり、妙なリアルさがあります。
こんな青春を味わってみたいと、ちょっとした憧れでもあるかもしれません。


絵のタッチから感じるように、なんだか少女漫画っぽい気がします。
まぁ、女性読者獲得を狙ってる感じはしますが、あえて男性諸君に読んでもらいたい。
男同士の青春を感じて欲しい!!
だからって熱い物語展開があるわけでもないのです。
マッタリと展開が進み、落ち着いて読ませてくれる漫画。
舞台が高校なので高校生が見ることで何かを感じ、少し人生が変わるかもしれません。
逆に、学生時代を忘れた人が読むことで青春という癒しに触れる事が出来ると思います。


元々、幼稚園編をやっていたこの漫画。(短期連載)
幼稚園生なのになんだか大人っぽい。
そんなギャップが面白い漫画でした。(1巻に収録)
通常連載に向けて高校生時代に設定を変えたようですが、やはりこれはこれで面白いです。
ただ、問題が一つ。
隔月刊行雑誌に連載しているため単行本発売が遅い・・・。
まぁ、このペースだからこそ保てる世界観だと思えばいいかなと。


熱い少年漫画とはちょっと違った少年漫画。
マッタリと、青春というものを感じながら漫画を読みたい人にオススメします。

君と僕。オススメと思う方はクリック!
(FC2ブログランキング)
posted by TAKA at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。