2007年06月26日

ゲームプレイ感想(レビュー):PSPソフト<FinalFantasy>

タクティクス獅子戦争苦戦中・・・。元々シミュレーションって苦手だったのですがそれでも何とか進めることが出来たのでやっていたのです。けど、物語が進むにつれて敵も色々進化していく・・・。それに追いつけなくなっています^^;このままやったら飽きてきそうなので、溜まっているゲームでもプレイしようかなぁ。


てことで今回はゲームプレイ感想。
PSPソフト<ファイナルファンタジー>についてです。
FF2が出てるってのになかなかクリアできなくて(というか暇が無くて)それでもやっとクリアできましたので感想でも書こうかと。

ファイナルファンタジー

ファミコン版のこのゲームが発売された頃は自分は赤子でした。
それから何度かリメイクされていますが、手を出す事が無かったです。
そして、ここへ来てプレイ!
最も美しい2Dとかって売り文句がったような気がしますが、最初は何度かリメイクしてるのだから3みたく3Dで出してほしいなぁとか思っていました。
それほど大きな期待も無くプレイしてみたのですが、前言撤回。
2Dの良さってのを感じることが出来たのです。
ゲームの面白さは見た目で決まるものじゃないなぁと。


名前の通り、最後の切り札として発売したこのゲーム。
全てが詰まってると思いました。
しかもそれをPSPという高機能携帯ゲームに移植となれば見た目から音楽までさまざまなレベルアップがあるのです。
オリジナル版や、過去のリメイクをプレイした事あるわけではないので比較は出来ませんが、元がファミコンだった事を考えれば、この戦闘の迫力・音楽は最高のものだと思います。


不満点を上げるならば、エンカウント率の高さでしょうか。
どんだけ敵と戦わせるつもりですか。
最悪の場合1歩あるいてバトルとかありますからね。
まぁ、そのおかげでレベルも良い具合に上がりのですが・・・・。
ただ、それによって全体のバランスが崩れ、終盤の方では楽に敵を倒せるようになってしまいます。
そして、お金も溜まりやすくなる。
次の街へ行き武器や魔法をらくらく購入できてしまうのも考え物です。
こう、次の街に行ってギリギリ買えるか買えないか・・・買えても全てじゃないから厳選して購入。みたいなそういう面白さがほしいところ。
あと、これは逆にFFの良い所なのかもしれませんが、自由度が高い。
ここクリアしたから次はどこへ行く・・・みたいな明確な提示・通路があまり無いのです。
下手すると、まだ先で行くべき所に行き着くこともあります。
だから、異様に敵が強い・・・。
これはある意味冒険してるって感じで良いのかもしれませんね。


リメイクされてもFFらしさは変わってないかと。
元祖を愛した人が、高画質高音質で楽しむのも良いと思います。
最近の3D慣れした若者がやるもの良いと思います。
そう考えると、今だからこそ全ての人にプレイされるべきゲームなのかもしれません。

p.s
ではこれから2をプレイします。
ストーリーが濃厚になってるとのことなので楽しみです。
今度は4(リメイク)が出るまでにはクリアしたい・・・。

FF1は傑作と思う方はクリック!
(FC2ブログランキング)
posted by TAKA at 21:01| Comment(1) | TrackBack(0) | 家庭用&携帯ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
PSPやアドバンスのリメイク前は魔法が回数制だからきつかったかな><;

TAKAが2プレイするなら俺もプレイするぜぇw
Posted by ブヤ at 2007年06月29日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。