2006年12月05日

武士の一分が1位!<映画ランキング>

今週のジャンプにラルグラド特性下敷きがついてくるって言われていましたが、自分の買ったジャンプにはついてなかったなぁ・・・。店によるのだろうか・・・?


てことで毎週火曜日は映画ランキング


eiga.com [トップ10速報]


1位は木村拓哉初の実写映画主演<武士の一分>
木村拓哉自身があれほど宣伝活動するとは思ってなかったですね。
それのおかげか、好スタート

最近までチャンバラ映画(言い方おかしいな・・・)かと思っていたけど、人間ドラマが主になってるようです。
まさに演技がうまくないと難しい物語。
木村拓哉の相手役をする女優の方がいい味出してるようで、評判も好調

もちろん刀でのアクションシーンもしっかりあるようで、そちらに興味ある方も満足できる出来のようです。


2位は<007/カジノ・ロワイヤル>
こちらが1位になるかと思いましたが、1位と接戦で2位のようです。

007シリーズは結構好きなので注目しています。
とは言うものの、最近の007シリーズはなんだかマンネリ感があり、あまりいい印象がありませんでした・・・^^;
しかし、今回は原作1作目の物語で、今までの007と言うよりスパイ映画に近い内容のようです

今までのファンからしたらどうなのでしょうか・・・?
自分としては興味がそそられますが。


3位はデスノート・・・と言うより3位以下は1,2位に押されて下がったという感じですね。

今週は<硫黄島からの手紙><NANA2><オープン・シーズン>と大物映画が公開
どれも1位になる可能性はありますが・・・・

1位:硫黄島からの手紙
2位:NANA2
3位:武士の一分
4位:オープン・シーズン
5位:007/カジノ・ロワイヤル

ですかね・・・。

NANA2は今回1位は無理な気がする・・・。

このブログのランキングは?←クリックしてくれると凄い嬉しいです
posted by TAKA at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ランキング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。