2008年08月08日

映画視聴感想(レビュー):<ラッキーナンバー7>

テイルズシリーズ初のCGムービーを取り入れたテイルズオブハーツ。どうやらアニメ版とCG版の2種類で発売するようです。…どうなんだこれ?個人的には両方欲しいんですが…。

てことで今回は映画視聴感想<ラッキーナンバー7>です

ラッキーナンバー7 DTSコレクターズ・エディション(2枚組)
<仕事をクビ、彼女の浮気、事件でアパートが閉鎖、と史上最悪な1日を過ごしたスレヴン。友人ニックの家を間借りすることにした彼は、借金の取立てにやってきたギャングにニックと勘違いされマフィアの"ボス"の元に連れて行かれる。さらに"ボス"と敵対するマフィアのトップ"ラビ"にも目を付けられ…!?度重なる"偶然"の不運。しかしそれは何者かに仕組まれた完璧なる計画だった…!?>(amazon)


最初この映画を舐めてました…。
いや、だからこそよかったのかも。
だからこそ最後の衝撃にやられたのかも。

サスペンスっていうだけあって最後に一気に謎が明かされます。
しかし、それまでに謎と感じる部分がほとんど無いのです。
謎が隠されてるんだけど、見せられてる事を当たり前のことのように見てしまう。
裏に隠されてる真実も知らずに…。
けど、最初から全て答えが提示されていたりする。
ええ。わけわかんないですよね。
それだけに、最後の展開に驚愕します。
それでも気づかないってのはこの映画がそれだけ凄いと言うこと。

もちろんそれだけが凄いんじゃない。
サスペンスって逆に衝撃が強すぎて種明かしを理解できなかったりするのですが、これはその辺がしっかりとしていて話をすんなりと受け入れられていく。
しっかり納得できるからこそ、この衝撃は倍増する。


ちょっと辛かったのが、衝撃までが結構平凡で、いや、特徴的な話ではあるのだけど映画慣れしてると平凡に感じてしまうお話なので退屈になることがある。
けど、それをこの豪華キャストで補ってる感じか。
隣人をルーシー・リューが演じるとか個人的には衝撃w
いや、もちろん単なる隣人ではないから適役なのかも。


唐突と始まる物語…。
けれど全てが意味のある事。重要な伏線。

最後まで見て再び最初から見るとまた違った楽しみがありそうです。

ラッキーナンバー7オススメと思う方はクリック!!
(FC2ブログランキング)
posted by TAKA at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。