2008年09月12日

ゲームプレイ感想(レビュー):Wii<スーパーマリオギャラクシー>

DSの新型が来年に発売されるとかしないのか…。まあ、そろそろ新しい動きに出てもおかしくない時期ですし、マイナーチェンジではなくて完全新機種として発売される可能性もありますよね。噂によると二つの画面ともタッチスクリーンになるとか・・・?

てことで今回はゲームプレイ感想。
Wiiソフト<スーパーマリオギャラクシー>です。

スーパーマリオギャラクシー

3Dマリオ最新作。そして今度の舞台は宇宙!
それだけあって壮大です。
見た目にしろ音楽にしろ全てにおいて壮大!
面白かった!!

発売前、任天堂がこのゲームに対して言っていたのがカメラワーク。
64にしろサンシャインにしろ初心者が3Dマリオでの難関は視点切り替えだったと言っていました。
それを見事解決していたのは驚き。
3Dなのに視点切り替えを気にしなくても問題なくプレイできるゲームなんてそう無いですよ。
それでも気になる所もありました。
視点を変えたくても帰られないイラ立ち…。
けど、それは一種の演出だと思いました。
難易度を上げるための演出だと。


そして、初心者が苦手意識を持ちやすいアクション性。
マリオだからって言っても3Dのアクションとなると苦手意識を持ってしまうもの。
しかし、それもアシストプレイと言うもので解決しています。
と言ってもそれは2人プレイが前提ですが…。
それでも、この難易度ならば若干の苦手意識を持っている人もプレイできると思いますね。
基本的な事をとことんプレイさせて慣れさせる。
アクションに慣れている人でもその違和感を感じる事がない難易度は絶妙。
何度失敗をしてもモチベーションを保たせるバランスは素晴らしい。


音楽も素晴らしい。
ギャラクシーと言う名に適したサウンド。
戦いを十分に盛り上がらせます。


やり込み要素も十分。
正確な数は分かりませんが200以上ものスターを集めさせる充実さ。
ステージも一捻り二捻りしてある個性的なものが多く存在し見るものを飽きさせない。
強いて言うならば、全てのスターを手に入れるためのヒントが欲しい所。



宇宙が舞台と言っても重力と言うものが必ずしもあります。
それを生かしたステージ作りもされています。
ただ、それが分かりにくい…。
重力って目に見えるものではないですから、それをアクション性の軸に置かれても分かりにくいものがある。
重力があると思って進んだら、無くてMiss…。
これはもっと工夫が欲しかったところ。


ロードに関しては皆無。
まあ、これに関しては任天堂は一番考えている事でもありますから、核のマリオゲームなら当たり前のことかも。


とにかく素晴らしかった。
全く不満がないと言えば嘘になるが、それは贅沢に近い。
グラフィックだって最高峰。
これはWiiの限界と言う事ではなく、マリオならこれ以上きれいにしても無意味だと言う事。
アクションが苦手な人も是非手にしてもらいたい。
そして、アクションゲームの面白さを実感してもらいたい。
Wiiを持っているのなら是非手に入れたいゲームです。

マリオギャラクシーオススメと思う方はクリック!!
(FC2ブログランキング)
posted by TAKA at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 家庭用&携帯ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。